SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

カンフェティ スタッフブログ

カンフェティのスタッフが、おもむくままに書いていくブログサイトです。
「鎌塚氏、放り投げる」
0
    いよいよ本多劇場で幕を開けた 「鎌塚氏、放り投げる」。

    その取れたて舞台レポートが届きました!
    迷われてる方、これから行かれる方、是非ご参考までに!

    ++++++++++

    ペンギンプルペイルパイルズの倉持裕が作・演出をする
    舞台『鎌塚氏、放り投げる』が、
    512()、東京・本多劇場にて幕を開けた。
    倉持がはっきりと“コメディ”と銘打つのは、本作が初。



    引退した父の後を継ぎ、羽島伯爵家に仕えることとなった鎌塚アカシ(三宅弘城)

    羽島家には現在、当主のキシロウ
    (大河内浩)とオトネ(佐藤直子)夫妻が住んでおり、
    堂田テルミツ
    (片桐仁)とタヅル(広岡由里子)男爵夫妻が客人として招かれている。



    常に完璧な執事であろうと努めるアカシだが、
    さまざまな人物から、さまざまな仕事、
    それも執事の領域からかけ離れたような仕事を押しつけられる日々。



    そこに女中頭のケシキ(ともさかりえ)や、堂田家執事のスミキチ(玉置孝匡)までが加わって……。


    まさにコメディである。

    これまでの倉持作品でも、もちろん笑いの要素は盛り込まれていた。

    しかし冒頭、アカシ演じる三宅が飛んだ瞬間、
    これまでとは確実に一線を画するものと予感させた。

    そしてそれは物語が進むにつれ、確信へと変わっていく。

    全体に漂うドタバタ感。同時に観る者の胸に沸き起こるワクワク感。
    難解と言われることも多い倉持作品だが、本作は目の前で繰り広げられる事件が、
    ただただ面白い。

    しかしそれが単なるコントに陥ってしまわないのは、
    倉持の選ぶ一つひとつの言葉のセンス。
    そして役者への大胆な演出ゆえだろう。

    そしてその演出家の狙いを、的確に体現してみせる役者たち。



    中でも三宅の奮闘ぶりが素晴らしい。
    ほぼ出ずっぱり、舌を噛みそうな執事言葉、舞台上を駆け巡るアクション
    ()

    それらが三宅弘城という役者の技量と相まって、
    非常に魅力的な執事長・鎌塚アカシとして浮かび上がる。

    またそんなアカシを振り回す役者たちの、嬉々とした演技も楽しい。


    特にケシキ役のともさかは、ちょっと意地悪な、でもかわいらしい女中頭を演じ、
    コメディエンヌとしての新たな一面を開花させた。


    本作の舞台になっているのは、羽島家の広大な邸宅。
    それを見事に表現したのは、中根聡子の美術による回り舞台だ。


    さまざまなシーンを登場させられるのはもちろん、
    転換をも笑いにしてしまう巧妙さ。
    そこにはある種の美しささえ感じさせる。



    また堂田夫妻のバカバカしいほど派手な衣裳(戸田京子)にも注目を。


    倉持裕が作演出家として見せた、コメディの新たなるかたち。
    観る者を心底幸せにしてくれる瞬間が、ここにはある。
    (文・野上瑠美子)


     東京公演は522()まで


    『鎌塚(カマヅカ)氏、放り投げる』
    作・演出:倉持裕
    出演:三宅弘城ともさかりえ片桐仁
    広岡由里子玉置孝匡佐藤直子大河内浩

    本多劇場
    全席指定6,000円 → カンフェティ特別価格!さらに300Pゲット!



    | - | 20:57 | - | - | - | - |
    『シダの群れ』ゲネプロレポート
    0
      Bunkamuraシアターコクーンで公演中の『シダの群れ』。



      作・演出は岩松了さん。

      近年では『恋する妊婦』『マレーヒルの幻影』など
      女性を軸にした人間心理をじっくり描く、
      といった作品を手掛けられていましたが
      今回はヤクザな世界をお届け!
      というのだから、これはニュース!


      そして、岩松氏が手掛ける任侠モノに集結したのは

      阿部サダヲ、江口洋介、小出恵介、
      近藤公園、江口のりこ、黒川芽以、
      尾上寛之、罐献腑鵐潺腑
      伊藤蘭、風間杜夫 他 

      と、超〜〜豪華!

      一体全体、これはどういう展開になるのか・・・?!

      ということで、
      先日ゲネプロにお邪魔してきました!


      ---------------------------------------


      とにかく、キャストの皆さんの仕上がりが素晴しかったです。

      とてもゲネとは思えない熱演っぷり。

      それぞれのキャラクターが
      観ている側が当初している想定を、
      次々と超えて迫ってきます。





      江口洋介さんと小出恵介さんの
      「静」と「動」の相反する迫力は必見。

      現れるだけで、舞台に男臭さと華やかさを
      パッと醸し出すのは、さすがの一言でした。


      また、風間杜夫さんの貫禄ある佇まいや
      伊藤蘭さんの極妻っぷりも圧巻。



      お二人の絡みは、それだけで
      ちょっと素敵なショートストーリーでも
      観ている気分になります。


      そして、舞台を縦横無尽に駆け回る阿部サダヲさん。

       ↓ヤクザモノには必須のドンパチも!


      とにかく、あらゆるシーンに笑いと驚きと葛藤を
      次々と巻き起こして行くパワフルプレイは
      台風の目とでも申しましょうか。

      目が離せないとは、正にこのことだなと。




      Bunkamuraシアターコクーンで9月29日(水)まで公演中です。

      ヤクザという男の世界が
      岩松作品で、どのような反応を起こすのか
      是非、あなたの目でお確かめ下さい!

      詳しくはコチラ
      | - | 17:26 | comments(16) | - | - | - |
      BLUE MAN×首藤康之さんのお茶目なひと時
      0
        皆様、もうフリーペーパーカンフェティ8月発行分は
        もうご覧になりましたか?

        表紙

        世界で話題をかっさらった
        クールでパンクでアグレッシブ、
        そしてちょっとおちゃめな青い奴等。
        ご存知、BLUE MAN(ブルーマン)の影武者(?!)
        アダム・エードッシー&カラム・グラントと
        日本を代表するダンサー首藤康之さんとの対談が実現しました!

        今回はその裏話を少々。


        双方、表現方法は異なるものの
        観るものを魅了し続ける、世界的なフィジカルパフォーマー。

        共鳴する部分も多いとみられ
        興味深いお話を沢山伺うことが出来ました。

        あの弾け飛んだパフォーマンスからは
        とても想像できませんが
        実はとってもジェントルマンで優しいBLUE MANさん達。

        終始和やかな雰囲気で対談は進みました。

        そして、対談も終了したその時


        「ちょっと、楽器見てみませんか?」
        と、誘うアダムとカラム。

        楽器?!
        楽器って、あの舞台に出ていた
        奇怪かつ斬新な、あの楽器ですか?!


        そう、BLUE MANの舞台には
        パイプと思しき管が張り巡らされた
        カラフルで巨大な楽器が登場するのですが
        それが、本当に不思議な楽器なのです!

        今まで聞いたこともない、腹に響くような
        脳を揺さぶるような、心地良い音を出すのですが
        見た目は、まさに宇宙船!


        その“謎の楽器”をリズミカルに叩きまくりながら、
        パフォーマンスを繰り広げるBLUE MANさん達は、
        カッコよすぎて、うっかり惚れそうになる程。

        さっきまで、ちょっと、いや、かなり?
        おバカなことしていた3人とは
        とても思えないのです!(失礼。笑)


        とにもかくにも
        その“謎の楽器”を見せて頂けるということで
        首藤さん、かなり前のめり!

        アダムたちについて
        部屋に入るとそこには、あの楽器の全貌が・・・!


        ************

        近づいて見てみるのは
        もちろん、皆始めて。

        興味津々の人間たち。


        そして
        よくよく見てみると
        あの楽器、なんと手作り!

        すごい凝り様です。

        叩く場所によって、当然音も異なるわけで
        その計算されつくされたであろうパイプの配管も
        芸術の域でございます!

        いやー、これからあの不思議な音が出ているんですねえ。
        と、感心していると
        まずは、アダムとカラムがこんな感じ〜
        と、お手本を披露。

        フンフン、と真剣な眼差しの首藤さん。


        1



        こんな感じ?と叩いてみる首藤さん。


        2



        結構難しそうです。

        そして首藤さん、ちょっと口惜しそう。

        黙々とアダム達を手本に叩くこと数分・・・。

        お?
        おおお?

        ヴォヴォヴォヴォヴォン!

        と、軽快な音を発しましたよ!

        ものっすごく得意そうな首藤さんと
        やるじゃーん!と、大笑いのアダムとカラム。


        3



        いやー、さすがです。

        反射神経が尋常じゃない。

        試しに私もちょっと叩かせて貰ったのですが
        ボヨンとした音しか出ませんでした〜。涙


        ************


        いかがでしたか?

        楽しそうな雰囲気、伝わりましたでしょうか?

        愉快で素敵な彼らとは、↓で会えます!
        是非、お出かけ下さい〜。


        すっかり意気投合したBLUE MANと首藤さんたちの対談は
        こちらからご覧下さい。
        (掲載:9月6日まで)

        そんなBLUE MANの舞台は、六本木ブルーマンシアターで公演中!
        素敵な彼らの勇姿、是非ご覧下さい!
        コチラで発売中!


        そしてお茶目な首藤さんの次回公演は
        ベルギー王立モネ劇場 制作『アポクリフ Apocrifu』
        9月4日(土)〜9月5日(日)Bunkamura オーチャードホール

        お茶目一転、超人的な美しさで肉体表現をする首藤さんを
        是非、ご覧下さい!
        コチラで発売中!
        | - | 16:06 | comments(0) | - | - | - |
        モテリーマン、降臨!
        0
          モテリーマンて、ご存知ですか?
          『R25』人気コラム「スマートモテリーマン講座」に登場する
          ちょっとサイケな出で立ちのサラリーマンのこと。

          いや、サラリーマンじゃあなくて
          モテリーマン、なんですけど。

          この度、そのコラムがまさかの舞台化と相成りました!



          出演は、
          モテないイケメンに溝端淳平、
          モテてる気になってるイケメンに川久保拓司、
          モテたいとぼやくガヤにTHE GEESEの尾関高文&高佐一慈
          そして、モテリーマンにTEAM NACSの安田顕!

          更に、脚本・演出は『東京DOGS』『33分探偵』の 福田雄一!


          この濃い〜メンバーを聞いただけで
          間違いなくオモシロそうなのは感じるものの
          まったく想像がつきません。

          そんなわけでこの度
          こちらのゲネに、お邪魔してきました。

          -------------------------------


          いやー、なんなんでしょう。

          全員、モテる気、ないでしょう?!
          というくらい、はっちゃけてました。

          まず、モテリーマン役の安田さんが
          はまり過ぎです。




          どうです?
          このモテリーマンぶり。

          いかにすればモテるかを
          とうとうと語るその姿は
          怪しさ満点・・・。

          二枚目なんだか三枚目なんだか
          さーっぱりわからない!


          そして溝端さんの登場。

          かっこいいんです。
          猛烈にかっこいいのに
          やることなすこと、やたら残念なのです。


          どうしたんでしょう?
          クイックイしてます。




          こちらでは、シャキーーン!としてます。




          このキラッキラした笑顔!
          素敵なのに、残念だなんて。

          さあ、こんなダメな子を見かねたモテリーマン
          なにやらレクチャーしてますよ。




          果たして効果はあったのか?!




          まあ、こんなもんです(笑)。


          とにかく、溝端さんのハジケっぷりは
          ハンパじゃなかったです。


          「あれ?こんなことする子だっけ?」
          と、
          「こんなこと、させちゃっていいんだっけ?」
          と、
          終始、驚かされっぱなし。

          はっきり言って、想定外でした。
          おかげで爆笑の連続。

          想定してないところからの攻撃に弱いです。


          そして、安田さんの水を得た魚っぷり!

          かーなーり笑えます。



          もはや、こういう人だったような
          気すらしてきます。


          ギースのお二人はさすが芸人さんで、
          素晴しい潤滑油っぷり。
          安定感抜群です。

          ヒール役の川久保さんも、
          ちょいちょい制御不能になっていて、
          素晴しいスパイスっぷり。

          かつてないコント風舞台
          こんなにうまい方向に転がるなんて
          ほんと、さすがの一言。


          自信にみなぎるお三方。




          いよいよ明日が最終日。

          当日券もキャンセルが出た場合出るようですので
          チャレンジしてみるのもいいかも?


          公演情報はコチラ
          | - | 20:54 | comments(0) | - | - | - |
          ALTAR BOYZ製作記者発表
          0
            昨年日本初上陸を果たしたオフブロードウェイミュージカル
            『ALTAR BOYZ』。
            日本中に旋風を巻き起こした美しき男達がパワーアップし、
            Wキャストという形で帰ってきます!

            先日、都内某所で製作記者発表が行われました。
            こちらのブログでは会見の様子をちょこっとだけお伝えします!


            MCはなんとDIAMOND☆DOGS小寺利光さん!
            軽快な進行のもとライブがスタート!

            『WE ARE THE ALTAR BOYZ』
            ミュージカルのオープニングナンバーを、
            なんと総勢10名で熱唱!圧巻です!



            曲中のメンバー紹介で会場の盛り上がりは最高潮に。
            抽選で招待されたファン50人も総立ちで盛り上げます!
            舞台上では有り得ない豪華な歌のパフォーマンスはとても貴重でした。


            今回新たなルーク役に小林遼介さんを迎えた
            初演出演者が中心の“Red”キャスト。


            左から良知真次さん(アブラハム役)、東山義久さん(マシュー役)、
            中河内雅貴さん(マーク役)、小林遼介さん(ルーク役)、植木豪さん(ファン役)

            “Red”の由来は熟した果実をイメージしてだそうですが、
            演出家の玉野和紀さんは「熟しすぎて茶色にならないように…」
            と植木豪さんをちらり。
            対する植木さんは「真っ赤っかですよ!むしろサーモンピンクです(笑)」
            と会場を沸かせていました。


            そしてこの日、新たに加わった“Orange”キャストの
            配役が発表されました!
            こちらはだんだん熟していき完熟を目指すという意味を込めて
            “Orange”だそうです。


            左から和田泰右さん(ファン役)、森新吾さん(ルーク役)、
            松下洸平さん(マーク役)、中塚皓平さん(マシュー役)、
            上間善一郎さん(アブラハム役)

            『美しき男達よ その罪を懺悔せよ』
            という舞台のキャッチフレーズにちなんで
            「今だから懺悔したいことは?」との質問が。
            上間善一郎さんは「子供の頃、お父さんが楽しみにしていた
            雑誌の袋閉じを勝手に開けてしまい、ずっと言えずに黙っていた(笑)」
            と告白。
            また森新吾さんは「小学生のときにマラソンが嫌で仮病を使ったら
            一週間も休む羽目に……。お母さんごめんなさい(笑)!」
            と懺悔していました。



            さらにパワーアップしたアルターボーイズたち。
            早くも息ぴったりの様子で終始笑いが絶えない会見となりました。
            今年11月の公演が待ちどおしいですね!
            | - | 18:39 | comments(0) | - | - | - |
            『-初恋』観てきました。
            0
              先日、土田英生セレクション『-初恋』を観て参りました。



              MONOの代表でもあり
              伝説のコント集団ガバメント・オブ・ドッグスのメンバーでもあり
              TV「斉藤さん」などの脚本も手掛ける
              正にスーパーマルチプレイヤーの土田さん。

              そんな土田さんの過去の作品の中から
              人気の高い『-初恋』を、新たなメンバーでお届けという
              そんな企画。

              出演がまた、とても素敵。

              連続TV小説「あぐり」でお馴染みになった田中美里さん。
              ふわっとした雰囲気の中に芯の強さが見え隠れする所が
              たまりません。

              ♪消臭ブラグ〜と歌って踊れる殿で、
              一躍時の人となった今井朋彦さん。

              土田さんの旧友であり、ガバメントのメンバーであり
              MONOの創設者でもある犬飼若博さん
              最近では「ロス:タイム:ライフ」での主審役が
              とても印象的でした。

              そして現MONOのメンバーであり
              多くの素敵舞台美術を手掛ける奥村泰彦さん

              「猫のホテル」主宰で、
              「真心一座身も心も」も立ち上げ
              さらに作演も多く手掛ける多忙な女優、千葉雅子さん

              最近ではアトリエ・ダンカン「鴨川ホルモー」や椿組に出演し
              コミカルな爪あとを残し続けている根本大介さん

              今や泣く子も黙る「テニスの王子様」に出演
              どっからどうしたってイケメンの川原一馬さん

              そして、もはやマニアファンだけじゃない!
              超人気者、ラーメンズ片桐仁さん。


              とまあ、出演者の説明だけで
              こんなです。

              そんな出演陣の方々が、とあるアパートに集まる
              ゲイの人たちと、それを取り巻く人々をお届けしてくれます。

              雰囲気抜群のセットに
              個性的な住人たち
              ウィットの利いた会話
              それぞれのちょっと切ない想い

              ケタケタ笑えて
              ほろっときて
              ちょっと温かくなる
              そんな上質なお芝居でした。

              特に犬飼さんと今井さんの
              なんともホンモノっぷりは目を見張るものが。笑

              でも、とっても素敵なんですよ。
              全員が醸し出す雰囲気が。

              土田作品の中でも
              ラストシーンが特に印象に残る
              そんなお話です。

              東京公演は連日満員御礼の大盛況でした。

              これから各都市を回るようですので
              機会があれば、是非!


              オススメです!

              『-初恋』名古屋公演
               6月25日(金)〜6月26日(土)

              『-初恋』大阪公演
               7月2日(金)〜7月3日(土)
              | - | 15:33 | comments(0) | - | - | - |
              天聖八剣伝・稽古初日
              0
                カンフェティ編集Kブキ(男・35歳)です。
                カンフェティ大注目の公演『天聖八剣伝』稽古初日をチョコっと覗いてきました!



                5月17日午後、エイベックス・ライヴ・クリエイティヴ / ネルケプランニング主催『天聖八剣伝』稽古初日にお伺いしました!主演は、先日終了した「侍戦隊シンケンジャー」でシンケンブルーを好演し話題となった相葉弘樹さん、楽しみです!

                『天聖八剣伝』とは・・・

                天より与えられし聖なる牙を持つ者‥、それが「天聖」。その男達が模索する「自分らしい生き方」とは‥。きだつよし作・演出のアクションストーリー。

                開催日程 2010年6月19日(土)〜6月27日(日)
                会場名 天王洲 銀河劇場
                出演者
                相葉弘樹、戸谷公人/馬場良馬、西ノ園達大、大河元気/森久保祥太郎/ダイアモンド☆ユカイ/黒須洋壬 他


                稽古場に入ると、緊張感の中にも、華やかな雰囲気が。。。男性だけの舞台と聞いていたので、ムッと汗臭い稽古場をイメージしていましたが、そこは2010年代をショッて立つイケメン達、フアッと柑橘系の香りさえするくらいで。同じ男なのにこの違いはナゼ?遠く自分のDNAにさかのぼり想いを馳せていると、すぐに殺陣稽古が始まりました。
                それにしても相葉さん、顔ちっちゃ!



                真ん中が今回の主役:相葉弘樹さん 手前のニット帽着用の方が作・演出のきだつよしさん



                左:相葉弘樹さん 右:戸谷公人さん

                本日が稽古初日という事で、軽く感触を確かめる程度かと思っていますと、皆さん、いきなり熱のこもった刀さばき!この舞台に賭ける真剣な姿勢が伝わってきます。

                もう一つ写真



                相葉弘樹さんの真剣な眼差しを見て下さい!

                相葉さんをはじめ、戸谷さん、馬場さん、西ノ園さん、大河さんそれぞれ自分の配役に早くもイメージを膨らませている模様。今回出演される皆さんのように活躍されている俳優さん達は何よりも真面目なんですね。改めて思います。終始リラックスしたムードはありつつも、その中にピリッとした緊張感が心地よい空間でした。
                もう台本も揃い、皆さん読み込みに余念の無いようです。

                休憩時間に、少しだけ相葉弘樹さんにお話を御伺い致しました。
                お疲れのところ、すいませんです。



                ―――今回の役どころについて
                正義感が強く直情的な役どころです。
                役の性格としてはヤンチャで少しオラオラ系というかオレ様なところもありますね。
                どんな状況でもヘコタレナイ彼のエネルギーで舞台をグイグイ引っ張っていく、そんな姿を演じられたらと思います。


                ―――そんな役をどう思いますか?
                色々な面を持ち合わせている彼ですが、その中で他人の目を気にせず、自分の思ったとおりに行動する姿はカッコいいなと思いますね。少し自分と共通するところもあるので、役に入りやすいです。

                ―――共演の方々の印象は?
                ミュージカル「テニスの王子様」で共演した方達もいますし、初対面の方もいます。
                これから、少しずつみんなとコミュニケーションを深められたらと思います。
                これから稽古が続きますが、たまには稽古終わりにみんなで飲みに行きたいですね。


                ―――本作への意気込みを一言で
                攻めの姿勢・戦う姿勢を大事に、稽古本番に臨みたいです。
                熱い舞台を繰り広げますので、是非観に来て下さいね!
                劇場で待ってます!



                インタビュー中も、真剣なまなざしから、今回の舞台に賭ける熱い想いが伝わってきました。
                今回、時間の都合で他の方々にお話をお伺い出来ませんでしたが、皆さん、実績のある方ばかりで、更に【作・演出】きだつよしさんは劇団TEAM 発砲・B・ZINの主宰。2007年惜しまれながら解散しましたが、舞台はヒーローもので定評がありました。
                この舞台、本当に楽しみですよ。


                『天聖八剣伝』カンフェティでチケット販売しております。
                http://confetti-web.com/detail.asp?tid=104821
                早い者勝ち!お早めに。
                | - | 17:32 | comments(0) | - | - | - |
                兼崎健太郎さんSpecial interview番外編・その2
                0
                  カンフェティ6月号・兼崎健太郎さんSpecial interviewのこぼれ話・第2弾!

                  ★尊敬している俳優さんは?
                  「唐沢寿明さん。出演された舞台を見て好きになりました!舞台ってその人の魅力が出るんですよね。普段の唐沢さんは表情が豊かで観ていて楽しくて、まさにエンターテイメントって感じがしました。阿部寛さんもかっこいいですね!ヤクザっぽい役から優しいお父さんの役まで、幅広くコミカルにこなせる役者さんが好きです」

                  ★では好きな女優さんは?
                  「松雪泰子さん、松嶋菜々子さん。最近では片瀬那奈さん。あの缶コーヒーのCMに憧れます(笑)」

                  ★ずばり兼崎さんにとって芝居とは?
                  「最近は人生そのものになってますね。やればやるだけ身について上達できる、人間としても役者としても成長できているっていう手応えは感じられます。3年ぶりにミュージカル『テニスの王子様』の現場に戻ったとき、スタッフの方に「前は役だけに入り込んでいたのに、明るくなったよね」って言われたんです。たくさんの人との出会いや経験を通して芝居への取り組み方がわかってきたし、いろんなことに対しての答えは、なんとなくですけど見つかり始めているのかなと思います」



                  ありがとうございました!
                  今後も出演舞台を多数控え、ますますの活躍が期待される兼崎さんに注目です!

                  | - | 18:08 | comments(0) | - | - | - |
                  兼崎健太郎さんSpecial interview番外編・その1
                  0
                    皆さま、5月3日発行のカンフェティ6月号はご覧になっていただけましたでしょうか?
                    6月号ではSpecial interviewと銘打って、
                    舞台や映画で活躍中の俳優・兼崎健太郎さんにお話を伺いました。
                    こちらのブログでは本誌に載せきれなかったお話をお届けします!



                    ★ファンの方々はどのような存在ですか?
                    「彼女、じゃないけど(笑)、家族みたいな存在ですね。正直、いただいたダメ出しの手紙に落ち込むこともあるんですけど、俺のことを考えてくれていると思うと愛情を感じるし、本当にありがたいです。「いつも応援してます」っていう言葉を見るとうれしいですね。手紙を何枚も書いてくださる方や、デビューの頃から応援してくださる方、ありがたいことに毎回舞台を観に来てくださる方もいて。(その方たちに)俺は何をしてあげられるのか考えたときに、いろんな俺を見せたいし、もっと頑張らんといけんなって。ファンの方々なしでは今の自分もないし、これからの自分もないですね」

                    ★6月に26歳の誕生日を迎えるわけですが、どのような一年にしたいですか?
                    「役者として成功するために自分の人生を懸けて闘っていかなきゃいけないって思いますね。25歳のときはもっと大人になんなきゃいけないな〜って軽く考えてたんですけど、26歳は完全に大人入りしたイメージがあるんですよ。自分の行動に責任を持たなきゃいけないし、仕事に対して安定感がほしいなと思うときもあります。俺は好きなこと以外絶対続かないので普通の仕事ではなく俳優を選んだんですけど……実際やってみてやっぱりこの仕事が好きだから真剣に取り組んで一生懸命やっていかなきゃいけないって思っています」

                    ★兼崎さんに会えるチャンス★
                    兼崎健太郎Birthday Event2010「KENTARO祭り〜わっしょい!!〜」
                    トークあり、サプライズあり、2ショットポラ撮影あり、記念プレゼントありの盛りだくさんの内容で皆さまをお待ちしております!
                    お祭り騒ぎで一緒に盛り上がりましょう!!

                    ■東京会場
                    日時・2010年6月20日(日) 第一部:11:30、第二部:16:30
                    場所・吉祥寺 前進座劇場

                    ■大阪会場
                    日時・2010年6月27日(日) 第一部:11:30、第二部:16:30
                    場所・イシハラホール

                    ※チケットは5月10日(月)AM11:00よりカンフェティにて発売開始!


                    ブログは“その2”へ続きます!
                    | - | 15:48 | comments(0) | - | - | - |
                    『サイド・ショウ』観てきました!
                    0
                      サイド・ショウ

                      先日、ブロードウェイ・ミュージカル『サイド・ショウ』を観てきました!
                      実在の結合双生児ヒルトン姉妹の数奇な生涯を描いた作品です。

                      主役の双子(貴城けいさん、樹里咲穂さん)が
                      とにかく美しく可愛らしいのはもちろん、
                      楽曲の素晴らしさを存分に感じさせる歌声は迫力があります♪

                      貴城さん、樹里さんが並んでいると一見本当の双子のようにそっくり!!
                      ですが、
                      それぞれにコロコロと表情が変わる様は、性格も夢も異なる2人であるのが
                      生き生きと伝わってきました。
                      まるでファッションショーのようなシンメトリーの衣装も
                      とても華やかに2人の魅力を引き立てています!

                      劇団四季出身の下村尊則さんの大人の色気、
                      伊礼彼方さんの若さと野心家ぶり、
                      岡幸二郎さんの優しさと誠実さ、
                      二人をとりまく男性陣の個性も際立っていました。

                      それぞれの幸せ、悲しみ、華やかさだけではないShowの世界に
                      切なくなったり感動したり、すっかり引き込まれます♪

                      カンフェティ限定のお得な『サイド・ショウ』S席 当日引換券
                      も残りわずかです!

                      カンフェティ特別価格!(チケット購入ページにて公開!)さらに200Pゲット!

                      今回が日本初演ということでも話題の作品♪
                      東京芸術劇場 中ホールにて、今週末まで!! お見逃しなく!!

                      | - | 19:04 | - | - | - | - |